日本では戦後から

日本では神道もしくは人前結婚式が主流ですから、貴族といえども婚約指輪の習慣は容易には定着しませんでした。
すでに西洋ではキリスト教国の間で結婚指輪も婚約指輪も定着していましたから、キリスト教の普及と合わせて婚約指輪も人々に知られてはいたでしょう。

しかし実際に生活の中に取入れられるようになったのは1960年代に入ってからです。
日本に古くから伝わる結婚の風習に結納があります。
この結納に婚約指輪が含まれるようになったのはこの頃です。
ただしダイヤモンドを添えた指輪はまだ珍しい時代でした。
結婚ビジネスの発展と共に指輪も急速に普及していきました。
高度成長期で一般市民の生活が豊かになってきた影響も大きいです。
指輪の普及に大きな貢献を果たしたのは、指輪を宣伝するTVCMでした。
1970年に始まったCMでは男女モデルらの台詞の中に“お給料の3か月分“というキャッチコピーがあり、これが視聴者の心を掴んだのです。

最初に普及したのは真珠や宝石を装着したデザインです。
その後も次々と斬新なCMがお茶の間に流されて、庶民の間で話題となりました。
1980年代にはダイヤモンド指輪も普及し始め、婚約指輪にダイヤモンドをあしらったデザインが主流となっていきました。

関連サイト…http://gala-okachimachi.com/fair/fair_e2.html

王家から庶民へ

婚約指輪としての指輪は数百年の間、王族や貴族間で権力と身分の証として使われる他、家と家の結び付きを象徴するものとして利用されるだけで、一般市民まではなかなか普及しませんでした。
ようやく市民の間でも婚約指輪として広まったのは19世紀に入ってからです。

今でこそキリスト教式結婚式には欠かせないアイテムになっていますが、始まりは古代ローマに古くから伝わる神話からつながるものであったり、古代エジプトの神秘主義からくるものであったりしたため、保守的なカトリック教会では一切指輪を認めない時代が続きました。
しかしながら細工技術やダイヤモンドの研磨技術は婚約指輪の普及に大きな影響を与えていました。
時代と共に少しずつ市民の生活が豊かになるにつれ、指輪も広まりはじめていました。
9世紀に入って婚約指輪と共に結婚指輪も広まりはじめていましたが、裕福な市民の間で使われる程度で、指輪はまだまだ高価だったのです。

11世紀に入りキリスト教会でようやく結婚指輪および婚約指輪が公認されるようになると、結婚式にも堂々と指輪交換がされ始めますが、一般化したのは19世紀に産業革命が起こり、市民の生活がこれまでにないほど豊かになってきた事によります。